お知らせ

月刊『同朋』8月号のご紹介です



【8月号の主な内容】
◎インタビュー 渡辺えり(劇作家、演出家、俳優)
戦争のために、生まれることができなかった人たちの声を伝える。
◎特集 核のない世界へ
1945年8月、人類史上初めて、
生きている人々の頭の上に
核爆弾が落とされました。
それから76年…。
今年1月、将来的な核兵器全廃を目指した
国連の「核兵器禁止条約」が発効しました。
しかし、唯一の戦争被爆国である日本は
この条約の採決に参加せず、署名も批准もしていません。
全世界の多くの人々が願わずにいられない核廃絶を
どう実現させていけばよいのか。
それを阻んでいる私たち人間の愚かさを
どう乗り越えていけばよいのか…。
共に考えます。

●対談「体験者でなくても、国籍が違っても自分なりの言葉で伝えていこう。」
 アーサー・ビナード(詩人)× 泉原寛康(真宗大谷派僧侶)
●特別インタビュー/日加田説子(国際政治学者)
●戦後の世代が描くヒロシマの物語―漫画家・こうの史代の2作品
●仏教の視点から/松林大(真宗大谷派僧侶)

◎好評連載
●親鸞万華鏡/ゲスト:岩田真美(龍谷大学准教授)
 各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●和讃の響き―親鸞の声を聞く/吉元信暁(九州大谷短期大学教授)
●リレー法話 いつも、現在から/小丸洋子(真宗大谷派僧侶)
●小林聡美のぼちぼち是好日
●お斎をつなぐ人々~東本願寺編~「麦饅頭」
●旬のいっぴん精進料理~お弁当~「トマトと高野豆腐のキーマカレー風」/森かおる
●東本願寺界隈 今昔物語/ヘヤーサロン オグシ(理髪)
 東本願寺界隈のお店を紹介。東本願寺と地域・町との関わりや歴史、これからを見つめます。
●真宗門徒のキーワード
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
 『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染み、マンガ家・岡野雄一さんが、亡きお母さんから教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。
●東本願寺 道を照らす行灯法語 <最終回>
 真宗本廟(東本願寺)前の芝生に設置された行灯に掲示されている法語を、毎月ひとつずつご紹介。
●これであなたも仏教ツウ?! クイズで学ぶ仏教語
 普段目にする言葉も実は仏教語だった?! イラストとともに毎月1つ取り上げる仏教語クイズ!
●どうぼうパズルdeひとやすみ
 同朋の誌面や仏教・仏事のことも登場するクロスワードパズル。プレゼント付!
※その他、さまざまなコーナーを連載中!


1冊400円(税込)  詳しくはこちらまで⇒https://higashihonganji-shuppan.jp/dobo/ 

タイトルとURLをコピーしました