お知らせ

月刊『同朋』6月号のご紹介です


特集は「気づく言葉、傷つく言葉」。SNSでの誹謗中傷で心を傷つけられ、死に追いやられる人も現れるなど、言葉の暴力といえるような事例が後を絶ちません。

しかしその一方で、例えば街で見かけたお寺の掲示板の言葉によって自分の悩みの正体に気づかされ、苦しみから救われたという人もいます。

言葉によって傷つけられ、言葉によって悩み、言葉によって救われる。

その背後には何があるのか。そもそも人間にとって言葉とは何かを考えていきます。

巻頭インタビューは俳優の古館寛治さん。 
●対談「来るべき多様性の時代に向けて、新しく魅力的な言葉を発見していきたい。」
鴻上尚史(作家、演出家)×東 美恵子(真宗大谷派僧侶)

●注目!「お寺の掲示板」大図鑑

●ルポ/いつもの日常が豊かになる「言の葉」―真宗大谷派の首都圏教化の拠点「真宗会館」の取り組み

●ネット上での誹謗中傷はどのように問題化していったか。/津田大介さんに聞く

●仏教の視点から/武田定光(真宗大谷派僧侶)

「あなたのとなりの僧侶(おぼうさん)」では、プロ野球の審判員として活躍してきた佐々木昌信さんが住職として登場します!


1冊400円(税込)  詳しくはこちらまで⇒https://higashihonganji-shuppan.jp/dobo/ 

タイトルとURLをコピーしました